公務員が消費者金融・銀行系カードローンでキャッシングするには?

国家公務員や地方公務員は人気職業として知られています。
というのも、国や地方自治体に雇われているので、安定感のある職業だというイメージがあるためです。最近はまた就職希望者が増えています。
実際、銀行カードローンや消費者金融といった金融業者で公務員が融資を受けようとする場合、審査には比較的通りやすいでしょう。ほかの職業と比べて有利と言えます。審査期間も短いでしょう。
もちろん、公務員なら誰でも借りられるというわけではなく、勤続年数や、債務整理の経験がないか・ブラックリスト入りしていないか、によって結果は違ってきますし、キャッシングの限度額も変わるでしょう。
それでも、金融会社にとって、一番貸したい相手が公務員なのかもしれません。
その証であるかのように、様々な金融機関が公務員専用カードローンを用意しています。KKRカードというものもあります。こちらは、国家公務員専用のローンカードになります。また、国家公務員共済組合という組織もあり、こちらは共済組合員に対して長期貸付を行っています。
このように、公務員にとっては、借金とは簡単にできるものなのです。
それだけ、世間的に信用があるということではありますが、それは「職をなくすことはないだろう」という点においての安心感です。職業によっては必ずしも、年収が高いわけではありませんし、生活の仕方や金銭感覚が公務員以外の人たちと比べて特別優れているというわけでもないでしょう。ですから、公務員が消費者金融・銀行系カードローンでキャッシングすると、延滞率が高い、という話もあるようです。
簡単に借入できる分、返していくのが大変だった、ということではないでしょうか。
ですから、公務員の方は、いざという時はキャッシングできるという安心感を持ちつつも、一度借りると必要以上に高額の融資を受けたり、そのために返済が大変になる可能性があるということを、心に留めておくと良いのかもしれません。プロミスで即日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ